犬のワクチン接種を考える

あなたは愛犬に毎年ワクチン接種を行っていますか?

「もちろん!」

とお答えになった飼い主さん。
もしかしたら、それが愛犬の不調を引き起こしているかもしれません。

日本では、現在毎年の接種義務があるのは狂犬病ワクチンのみです。
それ以外のワクチンは任意での接種になっています。

混合ワクチンには様々な種類がありますね。
毎年、何種のワクチンを接種したらよいのか悩む方もいるのではないでしょうか?

8種や9種、最近では11種もの混合ワクチンも存在します。
本当にそんなにたくさんの種類を接種する必要がありますか?

なぜ、その種類の混合ワクチンを選択しましたか?
獣医さんに勧められたから?

今起きている愛犬の不調がワクチンからくるものだとしたら、その選択をした自分自身に対して後悔しませんか?

愛犬の健康を守るために、まずは知ることから始めましょう。
ワクチンに対して正しい知識を得て、毎年の接種に備えてみませんか。

「犬のワクチン接種を考える」講座はオンデマンド講座になります。
こちらからお申込みいただき、ご利用ください。