ハーブで病気に負けない身体づくり

みなさん、ハーブと聞いて思い浮かぶのはどんなことですか?
さらに、犬にハーブって何をどうするの?
と思われる方も多いと思います。

実は、一口にハーブと言っても様々な形態があり、使い方もたくさんあります。
大きく分ければ、アロマセラピーもハーブの一種です。
ここでは、主にメディカルハーブと呼ばれるものについて学んでいただきます。

ハーブは、愛犬の身体に穏やかに優しく作用し、副作用もなく安心安全に使えます。

ハーブには健康を守るための作用がたくさんあります。
腸活にもハーブが役立ちますし、その他にも、肉球を守るクリーム、ブラッシング用のスプレー、虫よけスプレー、歯磨きやマッサージ、膀胱炎予防、てんかん予防など、わんちゃんに役立ちます。
ハーブを愛犬のごはんに取り入れることで、ワクチンやフィラリア予防など、お薬による身体の負担を軽くしてあげることもできます。

フィトケミカル(植物化学)成分により、病気に負けない身体の土台が作れます。

ハーブの持つ抗酸化作用により、愛犬が若々しくいられます。
合成されたサプリメントには添加物がいっぱいです。自然のパワーたっぷりのハーブを使用してみませんか?

日常生活において、食餌やワクチン、水道水やたばこの副流煙などから体内にさなざまな重金属が取り込まれています。
これらが体内に蓄積されていき、体にダメージを与えます。

私の愛犬ロビンは、2歳からハーブを使い始め、13歳の現在も年間に病気で病院へ行くことはありません。
さらに、被毛のミネラル検査では重金属が身体からしっかりデトックスされているという結果がでています。

皮膚の調子がよくない、お腹の調子がよくないなど、トラブルをかかえている犬たちにハーブをおすすめします。健康な犬でもシニアになったときにその違いがハッキリわかります。

愛犬にどんなハーブを使ったら良いのかを学ぶことによって、飼い主様ご自身で愛犬の体調に合わせたハーブをブレンドできるようになります。 

また、飼い主様ご自身も一緒にハーブを取り入れることで、身体の不調が軽減したりアンチエイジングにもつながります。

Lovin’s-Meal&Herbs-のドッグヘルスケア講座では、シニアハーバルセラピスト、ドッグフィトセラピーアドバイザーの資格を持ち、ハーブを日常の生活に取り入れてきた私が、人にも犬にも様々な形でハーブのチカラを安全にお使いいただけるようにご指導いたします。

ドッグハーブ基礎講座

現在お休み中です

ドッグハーブ動画講座

好きな時間に必要なことだけ知りたい。
そんな飼い主さんのために動画講座をご用意しました。

動画の詳細はこちらをご覧ください。