ノミダニ、蚊から愛犬を守る!安全安心な虫除けの方法

犬 虫よけ 虫除け ノミ ダニ 蚊

春になると暖かい日も増え、わんちゃんにとってもお散歩日和が多くなってきますね。
愛犬とのおでかけも楽しみですが、心配なのはノミやダニ、蚊などの虫によって媒介される病気。

でも、動物病院で処方される駆虫薬はわんちゃんの体にとって、決して安全とは言えません。
実際に、我が家のロビンはかつて使ったスポットタイプのノミダニ薬でハゲができてしまい、10年経った今でも、そこには毛が生えてきません。

病院で処方される薬は予防薬ではなく駆虫薬です。
虫がつかないようにするのではなく、ついた虫を殺す薬です。

愛犬の体には悪いものは入れたくない、という飼い主さんがご自身でできる予防法をご紹介します。

ハーブによる虫除けスプレー

我が家では毎年、虫よけスプレーは手作りをしています。
材料さえそろえば、混ぜるだけの簡単スプレーです。

芳香蒸留水とは

芳香蒸留水はハーブウォーターやフローラルウォーターなどとも呼ばれています。
芳香植物を水蒸気蒸留したときに精油と芳香蒸留水ができます。
 
精油には脂溶性の成分が、芳香蒸留水には水溶性の成分が主に含まれています。
ですから、同じ植物の精油と芳香蒸留水でも含まれる成分が微妙に違ったり、成分の濃度が違います。
 
芳香蒸留水は精油と比べると、濃度の点でも安心して犬たちにも使えます。
なんといっても、手軽に使えるのが便利です。
精油のようにキャリアオイルに溶かす手間もなく、いつでもどこでもすぐに使えますから。
皮膚を刺激する成分が少ないのも、安心して使える理由です。

芳香蒸留水で虫除け

芳香蒸留水にもたくさんの種類がありますが、虫除けに使うものは強力な蚊の忌避作用があるp-メンタン-3,8-ジオールという成分を含むものと蚊とマダニの忌避作用のあるフェネチルアルコールを含むものがおすすめです。

p-メンタン-3,8-ジオールを含む方向蒸留水でおすすめなのはレモンユーカリウォーターです。

防蚊作用はとても高く、人の腕につけると5時間は持続すると言われています。

フェネチルアルコールを多く含む方向蒸留水の代表といえば、なんと言ってもローズウォーターです。
フェネチルアルコールはバラの花の香の源ですが、水に溶けやすいので、精油よりも芳香蒸留水に多く含まれています。

たくさんの種類を揃えるよりも、この2つがあれば、香りのよい虫除けスプレーを作ることができます。
もちろん、わんちゃんだけでなく人にも(お子様にも)安全に使えます。

電磁波や超音波で虫除け

わんちゃんを飼っている方なら、1度ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?
カタンドッグメタル。


画像クリックでHPへ飛べます

そして、今年(2019年)新しく販売された超音波でノミダニを予防するもの。
チックレス。


画像クリックでHPへ飛べます

どちらも安全安心にわんちゃんをノミダニから守ってくれます。

まとめ

いかがでしょうか?
電磁波や超音波のノミダニ予防と芳香蒸留水を使った蚊よけをしてあげれば、体に負担になる薬剤は使わなくても虫除けができますね。

体に悪い影響を与えるものはなるべく入れない。
愛犬の健康を守る上で大切なことですね。