ドッグフードと手作りごはん、どちらが長生きできるの?メリットとデメリット

犬のごはんのことでちょっとでも迷ったり考えたことのある飼い主さんはどれくらいいますか?

獣医さんから勧められたドッグフードを与えているけど、ネットでは手作りごはんを与えている人もいて、手作りごはんがよいというのも耳にするし…

本当はどっちが健康のためにはいいの?

そんな飼い主さんのために、ドッグフードと手作りごはんのメリットデメリットをまとめてみました。


ドッグフードのメリットデメリット


ドッグフードのメリット

それはもうなんと言っても、簡単・楽チンということではないでしょうか?
栄養バランスも考えられていて、フードとお水だけあげていればよいというものです。
それに、経済性もよいですし、長期保存もできますしね。


ドッグフードのデメリット

デメリット、考えたことってありますか?
きっと、犬のごはん=ドッグフードと思っている人はデメリットって考えたことないのではないでしょうか?
でも、実はメリットを上回るデメリットがドッグフードにはたくさんあるんです。

添加物の問題や、不適切な原材料、表示はされていないけど隠れている成分、酵素不足、水分不足などあげれば色々でてきます。
それに、ドッグフードには幾度となくリコールの問題が絡んでいます。
たまたまあなたの与えているフードでリコールが起きていないだけかもしれません。

ドッグフードを食べているわんちゃん、1年に何回不調で病院へ通っていますか?
それがすでにデメリットですよね。だって健康ではないんですから。


手作りごはんのメリットデメリット

犬 手作りごはん

手作りごはんのメリット

手作りのメリットといえば、原材料がわかっているので安全というところですね。
飼い主さん自身で、愛犬に与える食材を選べるんです。
安心、安全なごはんが作れますね。
それに、きちんと勉強して手作りごはんを作ってあげれば、栄養のバランスもドッグフードよりも良いはずです。
犬の生態に合ったごはんを作れますので、愛犬が健康で過ごせます。
なにより、愛犬が喜んで食べてくれる姿が見られます!


手作りごはんのデメリット

ドッグフードと比べるとお金や手間がかかるということでしょうか?
まず、犬を飼うこと自体がお金のかかることなんです。
それならば、健康を守るごはんにお金をかけて、病院へ行く回数を減らすというふうに考えるのはどうでしょうか?
同じお金をかけるのでも、飼い主さんもわんちゃんも嬉しいことですよね。

なんちゃって手作りごはんではダメです。
手作りごはんを作るのに、飼い主さんは勉強をしないといけません。
犬にはどんな食材が必要で、どんな食材がNGなのかを知らなければなりませんね。
手っ取り早いのは、先生に習うことです。
疑問に思っていることもすぐに解決できるので、あれやこれやと悩まずにすみますね。
そういった点でも、ドッグフードよりもお金や手間がかかります。


結局どちらがいいの?

長生きできるかどうかは、その時になってみないとわからないんです。

添加物が満載のドッグフードを食べていても長生きする子もいます。
手作りごはんを食べていても病気になってしまう子もいます。

それは、その子が持って生まれた身体の強さも関係しています。
あなたの愛犬がドッグフードを食べ続けて健康で長生きするとは限らないのです。
それは、その時になってみないとわからない。
でも、その時に後悔しても遅いのです。

現代の犬たちは肥満やガン、糖尿病など人間のかかる病気が蔓延しています。
そこにはドッグフードも関わっていることは間違いありません。

愛犬にあった食餌を作ることで、病気になるリスクは減らすことは十分に可能です。
ドッグフードは足し算しかできませんが、手作りごはんは足し算も引き算もできます。

愛犬に健康で長生きしてもらうためには、やはり手作りごはんをおすすめします。
10年手作りを作り続けている我が家の愛犬は不調で病院に行くことは1年のうちで片手でも余るほどです。

我が子のように大切に思っている愛犬の健康を望まない飼い主さんはいないですよね。