犬の無麻酔歯石取りをしてもらおうと思ったことはありますか?

犬の無麻酔歯石取り。

世間では賛成派、反対派それぞれいますね。
獣医さんの間では、民間の資格での無麻酔歯石取りには反対の意見が多いのではないでしょうか。
それは、表面上の歯石だけきれいにしたところで、歯周病の状態は変わりないからです。

そして、無麻酔歯石取りによる事故や死亡の事例もあります。

犬の歯周病の治療や治癒は困難です。
ですから、愛犬が歯周病にかからないためにも日々の歯磨きをしっかり行うことが愛犬のためにも大切になります。


歯石除去はなんのために行うのか

みなさん、歯石取りはなんのために行っていますか?

歯周病の予防をしたいから?
見た目をきれいに保ちたいから?
愛犬が歯周病でごはんを食べづらそうにしているから?

理由は人それぞれありますね。

歯周病の予防は歯石取りではありません。
歯磨きに勝るものはありません。

見た目をキレイに保ちたいのであれば、毎日歯磨きをすることです。

歯周病でごはんを食べづらそうにしているのであれば、すでに歯周病が進行しています。
行くのは無麻酔歯石取りではなく動物病院です。

無麻酔で歯石取りを行えるのは、見えるところだけです。
歯周病の進行を止めたいのであれば、見えるところだけ歯石除去しても意味はありません。


歯周病とは

歯周病とは、歯肉のみに炎症がある歯肉炎と炎症が歯槽骨にまで及んでいる歯周炎を合わせた呼び名です。

歯肉炎であれば、歯磨きのみで治すことは可能です。
原因は歯と歯肉の境目に溜まる細菌ですから、その細菌を除去することが歯周病の予防に繋がります。

健康な歯肉溝の細菌は口腔内常在菌ですが、歯周病に罹患すると嫌気性菌という空気を嫌う菌が大多数を占めます。
それが歯肉の炎症を起こします。

進行すると、歯周病菌により歯と歯肉の間の溝が深くなり、歯を支えている歯槽骨の吸収が起こります。
さらに進行すると、歯がグラグラ揺れて来たり、歯を支えている骨が根の先まで吸収してしまうと歯が抜け落ちてしまいます。


歯周病の治療

歯周病の危険因子には2種類あります。
歯の形態や歯並びなどの局所的因子と糖尿病などの内科的疾患、抗てんかん薬、免疫抑制剤などの薬剤の副作用、精神的ストレス、食生活の影響などの全身的因子です。

歯周病には4つの原則があります。


・大部分の口腔疾患は細菌が原因のバイオフィルム感染症です。
・慢性疾患であり、コントロールはできるが、完全な治癒はむずかしい。
・歯周ポケットから歯石、プラークを完全に除去することは、組織・細菌学的には不可能である。
・歯周治療後のポケットは、メインテナンスをしなければ再び感染する。

出典:日吉歯科診療所HP

これらのことを考えると、犬の歯周病を完全に治すことがいかに難しいかわかりますか?
毎日歯磨きをする人間でさえ、完全な治癒は難しいんです。

そして、人の場合、歯周病治療のひとつとしてスケーリングとルートプレーニングというものがあります。
スケーリングは皆さんご存知の歯石やプラークを歯の表面から除去することです。
ルートプレーニングとは、歯根面に浸透した菌体外毒素をセメント質、象牙質表層から除去し、清潔で、硬く、滑沢な根面をつくることです。

進行して歯周ポケットが形成されてしまった歯にはスケーリングだけではなくルートプレーニングも必要になってきます。
おそらく、動物病院で行う麻酔下での歯石除去もスケーリングのみだと思います。

よって、動物病院で麻酔下でのスケーリングを行っても、犬の場合人と比べても治すことが難しいのです。
表面の歯石を除去してもその歯周病はよくならないということがおわかりいただけると思います。


歯周病予防

それならば、歯周病にならないようにしてあげるのが犬のためにもよいと思いませんか?

毎日の歯磨きで口腔内の細菌の数を減らしてあげる。
これが一番の予防方法です。

歯石だけとっても歯磨きをしなければ、また歯石がたまってしまいます。
歯石がたまったら歯石取りをするの繰り返しでは、予防にはなりません。

人の場合は、メインテナンスを行うことによって、歯周病の進行や再発をおさえることが可能ですが、犬の場合はメインテナンスを行うことはそのたびに麻酔をかけるということにも繋がりますので、人のようにはいかないかもしれません。

そのためにも、飼い主であるあなたの歯磨きの腕が重要になります。

正しいブラッシング方法を身につけ、愛犬を歯周病から守りましょう。

ちなみに、口腔ケアはインフルエンザの予防にも繋がります。
口腔内に歯周病菌が多いと、その菌が出す酵素によりインフルエンザウイルスが気道の粘膜から細胞に侵入しやすくなるという特性があります。
口腔内が不潔な状態を放置しておくと酵素の量が増え、インフルエンザの発症や重症化を招きやすくなるのです。
高齢者施設において、歯科衛生士による週に1回の口腔ケアを実施した人とご自分で口腔ケアを行っていた人では、歯科衛生士による口腔ケアを実施した人は、ご自分で磨いていた人より口腔内の細菌数が減り、細菌の出す酵素の働きが低下しているという報告があり、この研究結果は国内外の歯科領域の専門誌でも発表されています。