犬に歯磨きをするメリット

犬に歯磨きをするとどんなメリットがあるの?

歯周病は、年と共に必ずかかる病気だと思ってもらってもよい感染症です。

人の場合、世界で最も蔓延している病気としてギネスブックに認定されているんですよ。
ビックリですね。
犬の場合、感染源はどこなんでしょう?
野生の犬に歯周病があるのかはわかりませんが、もしも歯周病にかかる犬がいないのであれば、感染源はまさかの飼い主さん?!

さて、歯磨きのメリットですが、歯周病の予防はもちろんですが、口腔内の観察にもなります。
歯がきちんと生えているか、固いおやつを食べて歯が欠けてしまったりしていないか、飼い主さんが愛犬の口腔内を把握するためにも必要ですね。
病気の発症に早く気が付くこともできます。

歯周病予防は、将来の心臓病や肝臓の病気の予防にも繋がります。
愛犬を健康に育てたいなら、歯磨きはシニアになったときに後悔しないように必ず必要になります。

歯磨きのステップ

犬の歯磨きをするときに、さぁ磨くぞ!とある日いきなり歯磨きをしようとしていませんか?
それでわんちゃんが嫌がってしまったら、この先の歯磨きも上手くいかないかもしれません。

考えてみてください。
いきなり口の中に、なんだかわからない棒が入ってきてゴシゴシされる気分を。
では、どうしたら歯磨きがうまくいくようになるのでしょう?

まずは愛犬と信頼関係を築きましょう

我が家の愛犬ロビンは、身体中どこを触っても大丈夫です。
怒ることもありません。
触られることが嬉しいんです(笑)

できることなら、へそ天でゴローンとしてくれれば、お口の中はとても見やすくなります。

歯磨きの前にやることは

信頼関係が築けても、まだまだ歯ブラシを持つことは早いです。
次に飼い主さんが行うことは、マズルを触ったり、唇をめくったり、口回りを触れるようになることです。
そして、そこからさらに歯ぐきや歯を触っても大丈夫なようになりましょう。

我が家は口を開けてもらうときに、もちろん私の手で開けるのですが「あーん」といって開けてもらっています(笑)
「あーん」と言ったら口を開く、インプットされているので嫌がりません。

いよいよ歯磨きを始めましょう

そこまでできるようになったら、いよいよ歯ブラシを手に持ちましょう。
ここまでの段階で、ガーゼなどを使って指で歯をこするということを行ってもよいですね。

ここまで来るのに、どれぐらいの期間がかかりますか?
1週間ぐらいでできるようになるわんちゃんもいれば、もっと長くかかるわんちゃんもいると思います。
飼い主さんは焦らずにゆっくりと進めていきましょう。

歯磨きは犬の行動学に基づいて

行動学に基づくアプローチのポイントは「快」です。
わんちゃんが「楽しい」「嬉しい」そう感じるようなアプローチが必要です。

おやつや美味しい味の歯磨きペーストを使うことも「快」に繋がりますが、本質は「我慢や恐怖を感じさせない、そのもの自体が快感」ということになります。

我が家の場合は、まだそのもの自体が快感とは思っていないかもしれませんが、自ら私の横にきてゴロンとしてくれます。
それぐらい、おやつパワーが偉大なんです(笑)

歯磨きの最終目標

前歯や頬側を磨くことは比較的簡単にできると思います。
最終的には奥歯の内側、咬合面まで磨くことができるようになることが理想です。

そのもの自体が「快」ではないと思われる我が家は、信頼関係とおやつパワーでここまでしっかりやらせてくれます。

みなさんもここまでできるように、長い目でみて歯磨きへのアプローチを始めていきましょう。